投資天候デリバティブ

デリバティブ取引の一種として天候デリバティブというものがあります。これは金融と保険が融合したような商品となっており、天候によってお金が動くという非常に特殊な内容となっています。この天候デリバティブでは気温や湿度、降水量、降雪量など一定の天候条件を基準として儲け、この数値を上回った、あるいは下回ったことで損益が発生する場合に補償金が受け取れる商品となっています。天候はさまざまな産業に大きな影響をもたらすものです。

また、天候が高いと利益が上がる産業もあれば低いと利益が上がる産業もあります。あるいは降水量が多ければ利益が上がるところと少なければ利益が上がるところなど。つまり、天候状態によって必ず損をするところと得をするところが出てくるため、安定した運営が可能になるわけです。この天候デリバティブの大きな特徴は損害の有無や内容に関係なく補償金を受け取れることです。

損害保険の場合、補償金の支払いに時間がかかってしまうことも少なくありませんが、この天候デリバティブならスムーズに支払いを受けることができます。1997年にアメリカで誕生したこの商品、現在日本でも市場が拡大している状況です。おもに農業関連、エアコン関連、屋外レジャー施設、航空会社、衣料品、ビール業界など天候状態に左右されがちな業種がおもな対象となっています。最近では中小企業の間でも利用するケースが増えており、注目が高まっています。異常気象といわれることも多い近年、特定の業種では重要な商品となりそうです。