wimaxの契約はクーリングオフの対象にはなっていません

wimaxを申し込みしたケースは、クーリングオフの対象ではありません。
なので、検討に検討を重ねた上で申し込みをするべきです。
申し込み後にすぐ解約すると、解除料や違約金といった種類の費用を徴収されます。
例えて言えば、携帯電話と同じような仕組みになっているのです。
プロバイダを別の業者に換えてキャンペーンでキャッシュバックをもらえました。
新しいプロバイダの回線速度も早く、サクサクと気持ちよく動いてくれるので、特に不便だと感じることもなく、乗り換えることにしてよかったなと思っているのです。
お得な特典がついていたら、プロバイダの変更に踏み切ってみるのも良い選択かもしれません。
プロバイダとの契約をする際、最低限の利用期間を設けているプロバイダがたくさんあります。
キャンペーン特典のみを受けとって、すぐに契約を取りやめたり、他のプロバイダに変えられないように違約金の設定をしているからです。
万が一、途中で解約をする時には、違約金についてよく確認を取ってから手続きを行う方が良いでしょう。
プロバイダにつながらない時に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定に問題がないか調べても、何も問題がない場合には、接続Idやパスワードに誤りが無いか、もう一度、よく見てみます。
数字のゼロとアルファベットのオーを勘違いするといったように勘違いしやすい文字があるからです。
それでも接続できなかったら、プロバイダに聞いてみてください。
一度契約したフレッツのクーリングオフをしたいときには、契約の内容が記載された書類を受け取った日から9日目になる前までは書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは契約を強いる勧誘が問題になっており、クーリングオフを検討している人も少なくない数いらっしゃいます。
クーリングオフができないときは、解約にかかるお金を支払ったとしても解約したい!と思う人もいるみたいです。

プロバイダーのASAHIネットとは